英語通信とは?

英語通信とは、Wouse English School 代表の小林が、生徒および保護者の皆様向けに月2回発行している英語に関するお便りになります。
小林は、これまでに海外日本人学校校長や私立小学校英語科主任、校長、英語科指導法の大学講師などを歴任しています。
ぜひ英語学習の参考にしてみてください!
海外日本人学校勤務で得たこと…

1984~87 年、小林はナイジェリアの首都ラゴスにある日本人学校に勤務していました。365 日、気温 40 度から下がりません。湿度は 90%です。邦人子女は 50 名。勉強は二の次、まずはサバイバル(生きるすべ)から学びます。
タクシー。いっぱい人を詰め込んで目的地まで。床に穴が開いて道路が見えました。
ラゴス国際空港に到着した日の深夜零時。警察官が小銃を向けて出て来いと言う。とんでもないと追い返したいが、しょせん無駄な抵抗。すきを見て日本大使館に連絡。駐在武官によって難を逃れました。頼もしい防衛庁派遣 2 佐殿に感謝。
マラリアの洗礼を受けたものの、柔道を通して現地の子どもたちとも交流。ガーナ、コートジボアールにも日本人のお子様を教えに行きました。かれらはご家族以外と久しぶりに日本語が思い切り話せると大はしゃぎ。

ナイジェリアでの勤務後、1992~95 年までブリスベン補習校校長として赴任しました。毎週土曜日、150 名の邦人子女が国語と数学(算数)を学びに来ます。子どもたちは日頃、現地校に通い 100%英語で授業を受けます。バイリンガルにならない方がおかしい世界です。私も冷や汗かきながら補習校マネジメントに励みました。
オーストラリア地図
ブリズベン川
市内をゆったりと流れるブリスベン川。中央に一層高くそびえ立つ青色ガラス壁の高層ビル“ウオーターフロントプレイス”23 階に補習校長オフィスがありました。初代校長、補習校を立ち上げるために校舎借り上げ、教員採用まで悪戦苦闘しました。
補習校運動会
補習校運動会を開催しました。現地校で学ぶストレス解消(?)も手伝い、走ったり跳んだり、声援の中しっかりと汗を流しました。子どもたちは 3 ヶ月ほど英語インプットの時期、教室の片隅でわかってもわからなくてもオーストラリア人教師のお話をしっかりと聞いています。
やがて 6 か月後。ネイティブ顔負け、発音からしぐさまでオーストラリアナイズされます。ご両親の陰に隠れていた子どもさんがいつの間にか、買い物の主役になり、映画の説明をしてあげるまでに成長します。
Wouse English Schoolでは…

Wouse English School は、私が体験した海外での邦人子女教育を通して得た「英語教育のあり方」や、英語レッスンを通して21世紀をつないでいくための「生きる力」を育んでまいります。子どもたちとスタッフが一体となって、これからの時代に必要不可欠な「国際コミュニケーション力」を培うことをお約束いたします。


ワウスイングリッシュスクール代表 小林

Wouse English Schoolとは?

Wouse English Schoolは練馬区、江古田駅徒歩1分の場所にある子ども向け英会話教室です。
英語教育に50年近く従事してきた代表の小林のもと、「短いインターバルでインプットとアウトプットを繰り返す学習法」と「日本人チューターと外国人講師の2人体制によるレッスン」でお子様の英語力をしっかりと伸ばしています。

近隣に無料の駐輪場もあり、小竹向原エリア、新江古田エリアからも多くのお子様が通学しています。

小学生から高校生まで対応していますので、ご興味のある方はぜひ、無料体験レッスンにお越しください。
明るく元気な先生たちとお待ちしています!
Wouse English Schoolは練馬区、江古田駅徒歩1分の場所にある子ども向け英会話教室です。
英語教育に50年近く従事してきた代表の小林のもと、「短いインターバルでインプットとアウトプットを繰り返す学習法」と「日本人チューターと外国人講師の2人体制によるレッスン」でお子様の英語力をしっかりと伸ばしています。

近隣に無料の駐輪場もあり、小竹向原エリア、新江古田エリアからも多くのお子様が通学しています。

小学生から高校生まで対応していますので、ご興味のある方はぜひ、無料体験レッスンにお越しください。
明るく元気な先生たちとお待ちしています!
Illustration by Freepik Stories