英語通信とは?

英語通信とは、弊スクール代表の小林がWouse English Schoolの生徒および保護者の皆様向けに毎週発行している英語に関するお手紙になります。
小林は、過去に海外日本人学校校長や私立小学校英語科主任、英語科指導法の大学講師などを歴任した英語教育のベテランで、英語通信では語学学習の方法や豆知識、発音のコツなど様々な内容を発信しています。

ぜひ英語学習の参考にしてみてください😊
特別支援児と外国語教育

私が校長として勤務していた小学校には特別支援教室がありました。15名の子どもたちは(高機能)自閉症、ADHD(多動性障害がい)、LD(学習障がい)等の診断がされていました。
 登校時、正門前で挨拶をしても自信なさそうに、下を向き、通り過ごしている子どもたち。これではいけない。達成感や成就感を味わっていただくため、英語教育をやってみようと思い立ちました。教師の協力もあり、週に1度の英語レッスンがスタートしました。

思いの他、関心を示してくれました。英語の歌、ゲームから始めて、英語でお店(ドル表示の値札付)を自らつくり、英会話での買い物ごっこ等々、楽しいレッスンを展開しました。
 
1年後には区内小学校連合学芸会に出場し、歌劇に挑戦しました。大喝采でした。成功体験した子どもたちは、校長との挨拶は英語でするようになりました。“Hello, good morning. How are you?” は序の口。ある子どもさんから“Do you have a watch?”と聞かれました。What time is it? ではないことに驚きました。英語コミュニケーション能力の芽生えです。

2年間の実践を経て、学会で発表もしました。読売新聞、Yomiuri 英字新聞、東京新聞、NHK、TBS が子どもたちの自信にあふれた表情とレッスン風景を記録、報道してくれました。文科副大臣をお招きし、研究発表会も行いました。子どもには才能が必ずあります。それを引き出すのが教師です。

Wouse English School では、その信念で子どもたちと関わってまいります。


ワウスイングリッシュスクール代表 小林

Wouse English Schoolとは?

Wouse English Schoolは練馬区、江古田駅徒歩1分の場所にある子ども向け英会話教室です。
英語教育に50年近く従事してきた代表の小林のもと、「短いインターバルでインプットとアウトプットを繰り返す学習法」と「日本人チューターと外国人講師の2人体制によるレッスン」でお子様の英語力をしっかりと伸ばしています。

近隣に無料の駐輪場もあり、小竹向原エリア、新江古田エリアからも多くのお子様が通学しています。

小学生から高校生まで対応していますので、ご興味のある方はぜひ、無料体験レッスンにお越しください。
明るく元気な先生たちとお待ちしています!
Illustration by Freepik Stories