英語通信とは?

英語通信とは、Wouse English School 代表の小林が、生徒および保護者の皆様向けに月2回発行している英語に関するお便りになります。
小林は、これまでに海外日本人学校校長や私立小学校英語科主任、校長、英語科指導法の大学講師などを歴任しています。
ぜひ英語学習の参考にしてみてください!
3月3日はDolls Festival(ひな祭り)

私がオーストラリア ブリスベン補習校校長(1992-95)だった時のお話です。
初代日本人学校校長として文科省から派遣されたのですが、子どもたちの教育以外にも在ブリスベン日本総領事館から様々な仕事を依頼されました。一つに文化交流事業でした。
3月に「ひな祭りについてオーストラリアの高校生に英語でスピーチしてください。」とお願いされたのです。早速、スピーチ原稿をつくりましたが、なんと奇特な方がいらして、豪華なお雛様のセットを日本からお持ちになっていました。百聞は一見に如かず。お借りしてスピーチをしたところ、高校生は興味津々で人形を眺めていました。
雛人形
今では、医学の発達で子どもの死亡率は高くはありませんが、江戸時代には兄弟姉妹のうち半数が死亡する例もあったようです。端午の節句と合わせて、子どもたちが無事に成長するように、親としての切なる願いが込められていました。平安時代には、紙の人形を作り、それで体をなでて体を清め、厄を除いて川や海に流す風習がありました。
時代とともに変化して、次第に人形が飾られるようになりました。江戸の末期になると、現代のように雛壇の上方に内裏雛を置き、いわゆる段飾りの形式が整ってきたといわれています。

当時オーストラリアは日本食ブームでもあり、スピーチの最後はちらし寿司についてもふれておきました。
Chirashi-zushi is a kind of sushi with many scattered toppings such as salmon roe and sashimi on vinegared rice. と…。
ちらし寿司
ワウスイングリッシュスクール代表 小林
Wouse English Schoolとは?

Wouse English Schoolは練馬区、江古田駅徒歩1分の場所にある子ども向け英会話教室です。
英語教育に50年近く従事してきた代表の小林のもと、「短いインターバルでインプットとアウトプットを繰り返す学習法」と「日本人チューターと外国人講師の2人体制によるレッスン」でお子様の英語力をしっかりと伸ばしています。

近隣に無料の駐輪場もあり、小竹向原エリア、新江古田エリアからも多くのお子様が通学しています。

小学生から高校生まで対応していますので、ご興味のある方はぜひ、無料体験レッスンにお越しください。
明るく元気な先生たちとお待ちしています!
Wouse English Schoolは練馬区、江古田駅徒歩1分の場所にある子ども向け英会話教室です。
英語教育に50年近く従事してきた代表の小林のもと、「短いインターバルでインプットとアウトプットを繰り返す学習法」と「日本人チューターと外国人講師の2人体制によるレッスン」でお子様の英語力をしっかりと伸ばしています。

近隣に無料の駐輪場もあり、小竹向原エリア、新江古田エリアからも多くのお子様が通学しています。

小学生から高校生まで対応していますので、ご興味のある方はぜひ、無料体験レッスンにお越しください。
明るく元気な先生たちとお待ちしています!