2023年度から都立高校入試スピーキングテストが導入されます

2023年度はいつ実施される?
テストは今年 11 月に行い、結果を入試の合否判定に盛り込む予定です。
公立中学3年の全生徒、約8万人に実施するスピーキングテストのイメージ写真(下)です。東京都教育委員会によりますと、都立学校や民間施設などの会場で、一斉に行う予定といいます。
スピーキングテストの内容は?
試験に臨む中学3年生はマイク付きイヤホンをつけ、タブレット端末に表示された英文を音読したり、イラストの内容を英語で説明したりします。
防音用のイヤーマフをつけているため、隣の生徒の声は聞こえません。
英語での問いかけに答える時間もあり、全ての課題が終わるまで15分ほどかかります。
スピーキングテストの配点は?
都立高入試はこれまで、内申点の300点、学力検査の700点の計1000点満点で合否を判断してきました。
次回からスピーキングテストの20点が加わり、満点は1020点になります。20点は内申点の英語や数学など(23 点)とほぼ同じ水準です。

採点は、コミュニケーションの円滑さやイントネーションの正しさなどを基準とします。
録音した音声をもとに採点し、生徒らを6段階で評価する予定です。
導入のきっかけと狙いは?
導入のきっかけは、2016年9月の有識者会議の報告書です。
都立高生の英語結果の低迷や「使える英語」を身につけた生徒を育成する授業への改善を求める指摘があり、導入が提言されたのです。

約半年後に迫ったスピーキングテストの狙いについて、都教委国際教育推進担当課長は「生徒の話す力を高めたいと考えた。沈黙せず、臆せず話す。相手に理解してもらう英語を発信する力をつける。そのための施策の一つで、子どもたちの話そうとする力を評価したい」と説明しています。(朝日新聞 2022/04/28 朝刊から引用)
Wouse English Schoolでの取り組み
Wouse English School 「英語で話そうコース」は、小学生から中学生まで英語で「話す力」を独自のテキストと優れた外国人講師でご指導しています。
これからもグローバル時代に生きる子どもたちの英語力をしっかりとサポートしてまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。
Wouse English Schoolとは?

Wouse English Schoolは練馬区、江古田駅徒歩1分の場所にある子ども向け英会話教室です。
英語教育に50年近く従事してきた代表の小林のもと、「短いインターバルでインプットとアウトプットを繰り返す学習法」と「日本人チューターと外国人講師の2人体制によるレッスン」でお子様の英語力をしっかりと伸ばしています。

近隣に無料の駐輪場もあり、小竹向原エリア、新江古田エリアからも多くのお子様が通学しています。

小学生から高校生まで対応していますので、ご興味のある方はぜひ、無料体験レッスンにお越しください。
明るく元気な先生たちとお待ちしています!
Wouse English Schoolは練馬区、江古田駅徒歩1分の場所にある子ども向け英会話教室です。
英語教育に50年近く従事してきた代表の小林のもと、「短いインターバルでインプットとアウトプットを繰り返す学習法」と「日本人チューターと外国人講師の2人体制によるレッスン」でお子様の英語力をしっかりと伸ばしています。

近隣に無料の駐輪場もあり、小竹向原エリア、新江古田エリアからも多くのお子様が通学しています。

小学生から高校生まで対応していますので、ご興味のある方はぜひ、無料体験レッスンにお越しください。
明るく元気な先生たちとお待ちしています!