小学校英語教科化2年目、どう変わった?

小学校では 2020 年度から、5,6 年生で英語が教科になり、評価(通知表や指導要録に記載)対象になりました。英語4技能と言われる、「聞く」「話す」に加えて、段階的に「読む」「書く」も学び、実際のコミュニケーションで活用できる基礎となる力の育成を目指しています。
授業では外国語指導助手(ALT)とのチーム・ティーチングで進められています。5,6 年生の英語が教科になったことにあわせ、3,4 年生では「外国語活動」も始まりました。こちらは英語に慣れ親しむことが目的で、「話す」「聞く」を中心に学びます。 
三省堂出版小学校英語教科書(左)と文科省教材(右)
教科ではないので教科書はなく、文科省が発行している「Let’s Try」という教材を使う学校が多いです。私は小学校英語教科書「CROWN Jr.」(三省堂出版)の編纂にかかわりました。他社に比較して少しばかりレベルが高いのですが、英語教育推進特区でよく使われています。勤務する淑徳大学での講義(初等教科教育法)にも使用しています。しかし日頃小学校の授業を拝見しますと、一部の児童は取り残されている感がします。すべての教科にも言えることですが、児童のわずかなつまずきを指導者が見過ごしていることにあります。一斉授業の課題であり言語教育の課題でもあります。

Wouse English School では個の能力をしっかりと把握して伸ばしていきます。テキストは必要かつ基礎的な文法事項を習得しやすい編集にしています。かつ外国人講師はお子様一人一人の英語コミュニケーション力をつかみ伸ばします。
中学受験の英語入試は?
英語入試を実施した首都圏の中学校の数
英語入試を実施した首都圏の中学校の数
ところで首都圏模試センター(上図)によりますと、首都圏には私立中学校がおよそ 300 校あり、そのうち約半数が英語入試を取り入れているとのことです。試験の方法はインタビュー形式やグループワーク、ペーパーテスト(英検 3 級~準 2 級レベル)です。北成一教育研究所所長は「来年はさらに増えるでしょう。教科化を機に英語に触れておけば、受験の選択の幅が広がります」とコメントしています。Wouse English School でしっかりと総合英語力をお付けください。


ワウスイングリッシュスクール代表 小林
英語通信とは?

英語通信とは、Wouse English School 代表の小林が、生徒および保護者の皆様向けに月2回発行している英語に関するお便りになります。
小林は、これまでに海外日本人学校校長や私立小学校英語科主任、校長、英語科指導法の大学講師などを歴任しています。
ぜひ英語学習の参考にしてみてください!
Wouse English Schoolとは?

Wouse English Schoolは練馬区、江古田駅徒歩1分の場所にある子ども向け英会話教室です。
英語教育に50年近く従事してきた代表の小林のもと、「短いインターバルでインプットとアウトプットを繰り返す学習法」と「日本人チューターと外国人講師の2人体制によるレッスン」でお子様の英語力をしっかりと伸ばしています。

近隣に無料の駐輪場もあり、小竹向原エリア、新江古田エリアからも多くのお子様が通学しています。

小学生から高校生まで対応していますので、ご興味のある方はぜひ、無料体験レッスンにお越しください。
明るく元気な先生たちとお待ちしています!
Illustration by Freepik Stories