英語通信とは?

英語通信とは、弊スクール代表の小林がWouse English Schoolの生徒および保護者の皆様向けに毎週発行している英語に関するお手紙になります。 小林は、過去に海外日本人学校校長や私立小学校英語科主任、英語科指導法の大学講師などを歴任した英語教育のベテランで、英語通信では語学学習の方法や豆知識、発音のコツなど様々な内容を発信しています。

ぜひ英語学習の参考にしてみてください😊
英語と日本語どちらがむずかしい?

今年4月から、小学校では英語が本格的にスタートしています。
英語の授業はクラスの児童を毎日しっかり把握しておられる担任による授業が理想です。その子の特性(資質・能力)を生かした授業が展開できるからです。子どもたちからも、「ワー、先生って英語もできるんだ!」といった別の効果も期待できます。
一方で、東京都教育委員会は小学校英語専科教師を毎年採用しています。英語教育のリーダーシップをとる貴重な戦力となります。


さて、大学生が教師になるためには実際に教壇に立ち、授業をする教育実習があります。私は教育実習生の担当として小学校にお邪魔したことがあります。
実習生は英語が得意であり、「小学生だったらまかせてよ」と自信たっぷりでした。あらかじめ、45分の指導案(レッスンプラン)を立て、教壇に立ちました。

“My name is 〇○○.”“What is your name?”と挨拶をする場面となりました。ある児童が、日本語では年下にも年上にも聞き方があり、敬語もありますが、英語にはないのですかと質問しました。
実習生は「そうだよ。だから英語はいいよね」と答えました。「先生、ケンカしている時もそうですか。」と追い打ちをかけました。実習生は少し自信なさそうに「そうだよ…。」と答えました。


皆様はどのように思われますか。外国人にとり日本語習得が難しいのは、敬語などを使い分けしなければいけないからと言われています。
実は英語も同様なのです。映画を見ても、海外旅行しても既習英語だけではわからない時がありませんか。かれらは場面に応じて表現をかえているからです。紙面の都合もあり、次の5文をご紹介します。

 ⒈What are you doing ?
 ⒉What do you think you’re doing ?
 ⒊Goddam it, what do you think you’re doing ?
 ⒋What in the hell are you doing ?
 ⒌What in the fucking hell are you doing ?

上から順に、「なにをしていらっしゃいますか」「なにをしていますか」「なにをしているんだい」「なにをしていやがるんだ」「なにをしてやがんでェ」となります。
社会言語学者であるハーバート・パッシン氏(コロンビア大学名誉教授)著書からの引用文ですが、英語学習も奥が深いと思いませんか。
場面に応じて使い分けるのは少し時間がかかりそうですね。
Wouse English Schoolでの取り組み
Wouse English Schoolではネイティブスピーカーから使える英語(良質な英語)を学ぶ場を大切にしています。今後ともよろしくお願いいたします。


ワウスイングリッシュスクール代表 小林

Wouse English Schoolとは?

Wouse English Schoolは練馬区、江古田駅徒歩1分の場所にある子ども向け英会話教室です。
英語教育に50年近く従事してきた代表の小林のもと、「短いインターバルでインプットとアウトプットを繰り返す学習法」と「日本人チューターと外国人講師の2人体制によるレッスン」でお子様の英語力をしっかりと伸ばしています。

近隣に無料の駐輪場もあり、小竹向原エリア、新江古田エリアからも多くのお子様が通学しています。

小学生から高校生まで対応していますので、ご興味のある方はぜひ、無料体験レッスンにお越しください。
明るく元気な先生たちとお待ちしています!
Illustration by Freepik Stories